teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 赤木圭一郎のお気に入り曲(3)
  2. ジェームス・ディーン(1)
  3. トニー・カーティス(1)
  4. 赤塚百合さんインタビュー(1)
  5. 笹森礼子さん(1)
  6. 稲垣美穂子さん(1)
  7. 芦川いづみさん(1)
  8. 吉永小百合さん(1)
  9. 柳瀬観(のぞむ)監督「拳銃無頼帖・抜き射ちの竜」を語る(1)
  10. 野呂圭介さん「赤木圭一郎の想い出」を語る(1)
  11. 久木登紀子さんインタビュー(1)
  12. 白木万理さんインタビュー(1)
  13. 杉山俊夫さんインタビュー(1)
  14. 「打倒・ノックダウン」(3)
  15. 赤木圭一郎の胸像(1)
  16. 赤木圭一郎・対談集(4)
  17. 「大学の暴れん坊」(1)
  18. 「霧笛が俺を呼んでいる」(1)
  19. 「拳銃無頼帖・不敵に笑う男」(1)
  20. 幻のリサイタル(1)
スレッド一覧(全23)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


特集企画「よみがえる赤木圭一郎」

 投稿者:bun  投稿日:2017年 9月14日(木)10時11分17秒
編集済
  【神保町シアター 】
http://www.shogakukan.co.jp/jinbocho-theater/program/kakagi.html



特集企画「よみがえる赤木圭一郎」9月30日(土)~10月20日(金)

1.『若い傾斜』 昭和34年 白黒 監督:西河克己 共演:川地民夫、浅丘ルリ子、清水まゆみ、山根寿子、信欣三

2.『浮気の季節』 昭和34年 白黒 監督:阿部豊 共演:益田喜頓、岡田真澄、白木マリ、中原早苗、吉行和子

3.『大学の暴れん坊』 昭和34年 白黒 監督:古川卓巳 共演:芦川いづみ、葉山良二、白木マリ、稲垣美穂子、藤村有弘

4.『拳銃無頼帖  抜き射ちの竜』 昭和35年 カラー 監督:野口博志 共演:浅丘ルリ子、宍戸錠、香月美奈子、沢本忠雄、菅井一郎

5.『打倒』 昭和35年 カラー 監督:松尾昭典 共演:稲垣美穂子、大坂志郎、岡田真澄、二谷英明、和田悦子

6.『邪魔者は消せ』 昭和35年 カラー 監督:牛原陽一 共演:清水まゆみ、葉山良二、金子信雄、渡辺美佐子、近藤宏

7.『拳銃無頼帖  電光石火の男』  昭和35年 カラー 監督:野口博志 共演:浅丘ルリ子、二谷英明、宍戸錠、白木マリ、藤村有弘

8.『男の怒りをぶちまけろ』 昭和35年 カラー 監督:松尾昭典 共演:浅丘ルリ子、二谷英明、渡辺美佐子、金子信雄、西村晃

9.『霧笛が俺を呼んでいる』 昭和35年 カラー 監督:山崎徳次郎 共演:芦川いづみ、西村晃、堀恭子、吉永小百合、葉山良二

10.『拳銃無頼帖  不敵に笑う男』 昭和35年 カラー 監督:野口博志 共演:笹森礼子、宍戸錠、青山恭二、吉永小百合、藤村有弘

11.『海の情事に賭けろ』 昭和35年 カラー 監督:野口博志 共演:笹森礼子、中原早苗、南田洋子、三島雅夫、高品格

12.『幌馬車は行く』 昭和35年 カラー 監督:野口博志 共演:笹森礼子、水島道太郎、芦田伸介、楠侑子、小園蓉子

13.『錆びた鎖』 昭和35年 カラー 監督:斎藤武市 共演:笹森礼子、小高雄二、白木マリ、宮城千賀子、藤村有弘

14.『拳銃無頼帖  明日なき男』 昭和35年 カラー 監督:野口博志 共演:笹森礼子、宍戸錠、山田禅二、郷鍈治、木下雅弘、宮崎準、河野弘

15.『紅の拳銃』 昭和36年 カラー 監督:牛原陽一 共演:笹森礼子、白木マリ、吉行和子、草薙幸二郎、小沢昭一



61667
 
 

『激流』「赤木圭一郎を偲ぶ会」会報より 1

 投稿者:bun  投稿日:2016年 5月 8日(日)12時55分50秒
編集済
  「赤木圭一郎を偲ぶ会」会員の兄から届いた会報より記事を抜粋して掲載します。

☆【会員の方よりの情報記事です】☆

美術監督「木村威夫」(衛星劇場・日本美術監督列伝インタビューより)

≪紅の拳銃は100本目にあたる記念作品でした≫

「赤木は良い役者でしたねえ。クセみたいなものがなくて初々しいし、今、あんな「オッ!」と云わせる役者はいないよね。
冒頭のクラブのシーンで垂水悟郎がはじめて赤木を見た時に、「こいつだ!」っていうよね。
まさにそんな感じを与えてくれた役者だった。
映画の中で好きだったのは、赤木が初めて拳銃を使うシーンで、彼は手先が上手いんだよね。
「俺は素人じゃないんだよ」と訴えていて、あれがラストへの伏線になりました。
本当に良い役者でした。


≪トニーをめざしてスターになった吉川晃司さん≫

映画でのデビュー作は「すかんぴんウォーク」でした。この作品では颯爽とサングラスをかけて登場しますが、
これは「海の情事に賭けろ」でのトニーのサングラス姿に憧れてマネされたそうです。
ホテルのシーンでは「霧笛が俺を呼んでいる」が流れ「この人(トニー)に会いたい!」とのセリフもあるそうです。
共演者は宍戸錠(ヨットハーバー管理人役)でまさにトニーを意識した作品になりました。
吉川さんがトニーをめざしたのは、お父さんがトニーの大ファンで「赤木圭一郎のような俳優になれ」と云われたのがきっかけでした。
吉川さんは「ファンの集い」等のトークの中で、よくトニーの話をするそうです。
その時に「俺は赤木さんほどハンサムじゃないから、俳優では無理だけど、歌なら勝てると思って歌手になった」
そして「赤木さんになりたかったけど、なれなかった」と語ったそうです。
でも吉川さんには吉川さんの魅力があるので頑張ってほしいですね。

≪北王路欣也さんが語った赤木圭一郎の想い出≫

僕にとって青春時代の憧れのスターは、なんといっても赤木圭一郎さんですね。
現在は、NHK博物館になっている愛宕山に、かつてはスタジオがあったんです。
そこで僕は一度だけ赤木さんと共演したことがあってね。
「ジェスチャー」というクイズ番組でした。
柳家金語楼さん率いる男性陣と水の江滝子さん率いる女性陣分かれて競うという形態でしたが、
その日の男性陣というのが豪華で、力道山さん、ファイティング原田選手、赤木圭一郎さん、
それにどういうわけだか10代の僕だったんですね。
僕はゲームの内容も、女性陣がだれだったのかも覚えてない。何をしていたかというと、ずーっと男性陣を見てました。
中でも隣に座っていらした赤木さんがカッコよくてね~。
日に焼けていて、笑った時の白い歯が印象的で。
収録が終わった後に「握手してください!」なんて申し出たりして、まるでミーハー(笑)
それから数年後ですよ。赤木さんがゴーカート事故で亡くなったのは。
本当にショックでした。
(「週刊現代」2010年10月30日号「私の地図」より)
 

伝説の赤木圭一郎 5

 投稿者:bun   投稿日:2016年 5月 4日(水)16時50分21秒
編集済
  51646  

伝説の赤木圭一郎 4

 投稿者:bun   投稿日:2016年 5月 4日(水)16時39分57秒
   

伝説の赤木圭一郎 3

 投稿者:bun   投稿日:2016年 5月 4日(水)16時37分38秒
   

伝説の赤木圭一郎 2

 投稿者:bun   投稿日:2016年 5月 4日(水)16時34分47秒
   

伝説の赤木圭一郎 1

 投稿者:bun   投稿日:2016年 5月 4日(水)16時31分49秒
  NHKウィークリー・週間「ステラ」1994年2月5日~2月11号より  

日本アクション映画の青春 終わりなき疾走 赤木圭一郎

 投稿者:bun  投稿日:2016年 1月16日(土)03時56分53秒
  NHKBS2「日本アクション映画の青春 終わりなき疾走」 赤木圭一郎の部分より。

 

資料 5

 投稿者:bun  投稿日:2015年 8月21日(金)19時29分12秒
   

資料 4

 投稿者:bun  投稿日:2015年 8月21日(金)19時26分45秒
   

レンタル掲示板
/14