teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:612/1001 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

自分を忘れる転換を

 投稿者:住職  投稿日:2008年10月10日(金)23時03分32秒
  通報
   今日も、朝の勤めの後、庭の散水など、朝の流れを早めに済ませて、
伊万里 円通寺へ、副住職と向かった。

 途中、伊万里の町へ入ってから、交差点前で、交通事故直後に遭遇した。
ひどい衝突事故で、軽トラックの助手席のご夫人が最初動いておられない。心配す。
運転していた主人は車の外へ歩き出て、何をされようとしておられるのか?
 相手の運転手は、「青だった 青だった」と叫んで・・・
 ご夫人が、顔を動かし、苦痛の顔  ちょっとほっとしたが
 シートベルトをしておられてよかった。

 私は助手席に乗っていたので、110番する。 これ以外の方法はとれなかった。
 円通寺 に着いたら、警察から電話がかかる。
 衝突の瞬間は、わからない。直後だったので。(衝突した2台はどちらから来、信号もどちらが青だったのかもわからなかった)
 そうしか、答えられなかった。

 円通寺の開山忌 10時から
 式に老師を 引くのも初めての経験だった。

 今まで他の方がされるのを、きちんと記憶し、そういう経験が 私の人生で永くなかった。(あっという間に年を取ってしまった)
 人のされるのを記憶する能力に欠ける。
 体験不足は年をとって恥をかく。

 せめて、事前に研究し、動作をリハーサルしとけばよいのに。
 それに、自分を忘れて なりきる 転換もされてない。
 反省す。

 開山忌の後の、精進料理が、上品な味付けで、京都の味に近づいている。
 自分を忘れて、料理造りになりきっておられる。
 料理人の料理でない。
 大変であったと思うが、造るのが 楽しみの境地にはいっておられるのか?

 人生は順風と逆風の風など、さまざまな風が吹くという。
風をえり好みする自分を放棄すれば、
本当の自己という風は、どんな風でも楽しんで、リーン リーンと音色を響かせることができるという。
 思ったとおりにできないと、楽しいリーン リーンの鈴の音 遠し。
 
 
》記事一覧表示

新着順:612/1001 《前のページ | 次のページ》
/1001