teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


【 産廃処理偽装問題 】森友学園と所沢市東部クリーンセンター

 投稿者:所沢市政の問題点  投稿日:2019年 5月19日(日)20時45分11秒
  【 産廃処理偽装問題 】森友学園と所沢市東部クリーンセンター

 森友学園の場合は、産廃処理費用分と称し国有地の価格を値引き。
 所沢市 東部クリーンセンター建設事業の場合は、産廃処理費の予算と実費の差額を業者に利益供与の疑い。
 産廃処理を口実として、懇意にしている団体や業者への億単位の利益供与という点で共通である。

産廃処理偽装問題、森友学園8億円、所沢市東部クリーンセンター9億3000万円。

所沢市東部クリーンセンター建設事業 産廃処理偽装問題。
割高の処理費用となる焼却灰混合土として予算計上し、普通の建設汚泥として処理の疑い。
契約で計上された予算と実費の差額は3億~5億円。
http://blog.livedoor.jp/tokorozawalvdoor/archives/7310411.html

東部クリーンセンター建設事業における産業廃棄物処理費についての契約は、平成13年3月議会で議決。
産廃処理総費用9億3000万円。
その後、当時の建設室参事が官製談合を告発。産廃処理費の予算と実費の差額は3億~5億円と市議が議会で質疑。
契約書の閲覧不可と助役が答弁。
http://blog.livedoor.jp/tokorozawalvdoor/archives/7310525.html


【 落札率103.7%?】 所沢市 東部クリーンセンター工場棟建築工事、官製談合で業者に利益供与の疑い
http://tokorozawablg.jugem.jp/

所沢市政の問題点
https://twitter.com/tweettokorozawa
 
 

所沢市東部クリーンセンター延命化工事及び長期包括運営委託事業 高すぎる事業費

 投稿者:所沢市政の問題点  投稿日:2019年 5月19日(日)20時44分42秒
  所沢市東部クリーンセンター延命化工事及び長期包括運営委託事業 高すぎる事業費


延命化工事、長期包括運営委託がともに通常の落札率80%であるならば、5,888,560,000円の削減が可能である。
延命化工事 6,240,000,000円(-1,380,000,000円)
長期包括運営委託 20,571,430,000円(-4,508,560,000円)

所沢市 東部クリーンセンターは、建物・焼却炉等の建設費用は約210億円(国庫補助事業)。
平成29年~31年の延命化事業費84億円、平成29~47年の維持管理費 302億円は高すぎないだろうか。
計上した予算の内容を精査すべきである。減額補正も可能なのである。
元町再開発は20億円削減したのである。


参照:所沢市東部クリーンセンター延命化工事及び長期包括運営委託事業審 査 講 評
http://www.city.tokorozawa.saitama.jp/kurashi/gomi/tobucleancenter/sutokkumanejimento.files/shinsakouhyou.pdf

事業積算額 (税抜き)
33,514,299,000円
延命化工事 7,800,000,000円
長期包括運営委託 25,714,299,000円 (うち固定費分23,472,557,000円)

提案価格 (税抜き)
32,700,000,000円
延命化工事 7,620,000,000円
【 落札率97.7% 】
長期包括運営委託 25,080,000,000円 (うち固定費分22,838,903,053円)
【 落札率97.5% 】


http://www.city.tokorozawa.saitama.jp/kurashi/gomi/tobucleancenter/sutokkumanejimento.html


 

【 落札率103.7%?】 所沢市 東部クリーンセンター工場棟建築工事、官製談合で業者に利益供与の疑い

 投稿者:所沢市政の問題点  投稿日:2019年 5月19日(日)20時44分15秒
  【 落札率103.7%?】 所沢市 東部クリーンセンター工場棟建築工事、官製談合で業者に利益供与の疑い
http://tokorozawablg.jugem.jp/

1991年(平成3年)10月~2007年(平成19年)10月 所沢市 市長 斎藤博
2000年(平成12年)4月~2007年(平成19年)10月 助役 加藤恒男
1996年(平成8年)6月~2004年(平成16年)3月 収入役 市川仙松
2000年(平成12年)4月~2002年(平成14年)3月 総務部長 小澤孝
1999年(平成11年)4月~2001年(平成13年)3月 総務部 次長 兼 総務部 契約課長事務取扱 星野協治
1999年(平成11年)4月~2001年(平成13年)12月 清掃部長 並木幸雄
1999年(平成11年)1月~2002年(平成14年) 3月 清掃部 次長 西久保正一


東部クリーンセンター建設室 参事が、この建設に官製談合があるとして、内部告発本「バックステージ」を出版。
所沢市政のあり方に異議を唱えた。
著者が指摘する所沢市の不正は、100条委員会設置に値するとして市議会の質疑でも用いられている。

内容としては、ダイオキシン騒動を契機とする環境問題に対しての市民の関心の高まり、東部クリーンセンターの新規建設計画、
炉型式検討会議における八百長審議、建設用地埋蔵の産業廃棄物の処理偽装、
官製談合など、東部クリーンセンター建設事業の経緯が網羅してある一冊である。


231ページから「特別共同企業体方式」という題で、工場棟建築工事における官製談合の詳細を記している。

東部クリーンセンター建設工事は、所沢市始まって以来の一大プロジェクトであり、その総事業費は300億円。
巨額の事業であるため、業者は特別共同事業体(JV)方式での応札となった。
JVは複数の業者が組むことになっており、大手業者(親)と中小業者(子)の組み合わせとなる。
どの企業を親・子にするかは、経営事項審査の評価や公共事業の受注実績などの基準により選定される。

平成12年(2000年)7月。建設室が、特別共同事業体の構成、建築工事の実施計画書を作成する過程で、助役から指示を受ける。
市長と懇意にしている某建設会社がJVで親として参加するために選定基準を緩和し、かつ某建設会社のために設計金額を増額するようにと。
入札前であり設計金額は非公表、しかも応札業者すら決まっていない段階にもかかわらず、某建築会社に落札が決まっているかのような物言いだ。

この指示に建設室は反発し抗議した。設計金額は客観性ある指標を基に算出しており、これを増額することは市民に不当な損害となるからだ。
官製談合であり、入札は不調にすべきだと。
たとえ市長や助役の指示とはいえ、その指示が不正であるならば、建設室のように関連部署は反対あるいは告発すべきであろう。
しかし、助役だけでなく、総務部契約課までもが官製談合に協力。
建設室は不本意ながら官製談合に協力し、工場棟建築工事の設計金額を増額した。

本文から引用「助役と実質の契約事務を司る契約課が二人三脚であり、建設室としてもこれ以上抗しきれず、某建設会社を親とすることで決裁文書の作成をした。」

そして、平成12年(2000年)8月28日、建設室が実施計画書と図書を作成し直し、起工伺い書類を契約課に提出。
当初の実施設計金額45億5900万円を、50億7200万円に増額。5億1300万円の増額となった。
入札日は平成12年(2000年)9月12日、市役所高層棟4階 入札室。指名競争入札で、応札したJVは12社。某建設会社のJVが、47億3000万円で落札。
平成12年(2000年)年、9月定例議会でこの契約案件を上程、承認。
平成12年(2000年)11月1日 起工。


この本で告発している所沢市政の問題の本質は、
多くの建設会社から総すかんされるほどの不公正な入札による、市長と懇意にする企業への恣意的な公共事業発注と設計金額増額などの優遇、
そして、事務方がコンプライアンスに反していることを諌めもせず、逆に不正を推し進めたことであろう。
つまり、市幹部主導による組織的な入札妨害を告発しているのである。

文中に落札率についての記載はないが、当初の実施設計金額45億5900万円を基に換算すれば、落札率は103.7%となる。
全国市民オンブズマンによると、各工事の落札率が、90%~95%を「談合の疑いがある」、95%~100%を「談合の疑いが極めて高い」と定義している。
落札率100%以上をあえて定義するならば、適正落札比率との差額分の税金を業者に利益供与というところか。


なぜ、市民に損害を与えてまでも官製談合を行うのだろうか。
業者への優遇の見返りとして、市長は業者からの選挙協力や政治献金、事務方は天下りの斡旋などを受けていないだろうか?

所沢市 東部クリーンセンター建設の総事業費は300億円。
官製談合により、市民に「億単位の損害」を与えたのであるならば、当時の幹部職員の責任は重大である。

所沢市政の問題点
https://twitter.com/tweettokorozawa

 

官製談合? 所沢市 総合福祉センター建設工事 落札率99.9%

 投稿者:埼玉新聞読者  投稿日:2015年 4月 2日(木)18時24分55秒
  所沢市の公共事業の落札率は95%以上が多く、99.9%という公共事業もあるようです(※1)。

一般的に、95%以上を「談合の疑いが極めて強い」、落札率 90%~95%を「 談合の疑いがある」とされています(※2、※3)。

つまり、所沢市の公共事業は「 談合 」と判断される水準でしょう。


所沢市の工事請負業者等指名委員会は「 所沢市の部長職 」によって構成されています(※4)。


もし、所沢市の幹部職員が落札者に対して、請負業者という弱味につけこみ、高い落札率を条件とした幹部職員への天下りの斡旋やなんらかの利益供与を要求しているのならば、市幹部という立場を悪用した市民に対する「 背任 」になりますよね。


実際、市幹部職員が雪見障子やガラスを業者から受け取っていたとして議会で問題提起されたことがあります(※5)。


所沢市の高い落札率をみると、このような腐敗が所沢市で常態化していると考えてしまいますね。






※1
所沢市公共事業: 質疑が足りなかったのではないか ~ 高い落札率(落札率99.9%)



総合福祉センター建設(建築)工事

 入札は一般入札であるが、応募は「平岩・本橋特定建設工事共同企業体」1社のみである。

また入札額は第1回、第2回とも予定価格をオーバー、(一般的には2回の入札で落札されない場合、入札は不調)備考欄に第1回見積合わせで落札と記載あり。
数量を指定した電子入札であると思われるのに、「何の見積合わせ」を「何の為に行ったのか」疑問が残る。

そして落札率99.9%。

また総合福祉センターの建築、電気、機械設備の合計落札額は26億820万円,予算は26億2,608万円で全体の落札率は99.31%である。

余りに落札率が高くはないか。

また総合福祉センターは延床面積が6,158.6㎡、この落札金額では423,505円/㎡である。

因みに2007年の東京都内のRCマンションは230,000円/㎡(総合研究所、工事費)。

福祉センターの建設事例として広島県安佐南区地域福祉センターは(平成18年)工事費17億5,732万円、305,460円/㎡である。
同区内の他の5施設の工事費を比較検討し建設工事費を㎡単価で26%削減したと公表している。

また、富岡公民館空調設備改修工事の入札には、入札者14社、落札率は95.48%。

何故同時期に入札をおこなった総合福祉センターの(機械設備)落札率が98.57%で富岡公民館の空調は95.48%なのか。

95.48%で総合福祉センターの(機械設備)が落札されれば1,400万円程度が節約でき、建設・電気設備をあわせた全体がこの比率で落札されればおよそ1億円が節約できていた。

「傍聴席」 所沢の民主主義をサポートするささやかなメディア…
http://blogs.yahoo.co.jp/tokocitizen_c14/41550658.html



※2
各工事の落札率が 95%以上を「談合の疑いが極めて強い」、落札率 90%~95%を「 談合の疑い. がある」とされている。
http://www.ombudsman.jp/taikai/6-rakusatsu.pdf#search='%E8%AB%87%E5%90%88++%E8%90%BD%E6%9C%AD%E7%8E%87++95%25'
http://www.ombudsman.jp/taikai/6-rakusatsu.pdf


※3
落札率

予定価格に対する落札額の割合。
100%に近いほど落札業者の利益が大きく、談合によって落札率が上がれば、それだけ税金が無駄遣いされることになる。
全国市民オンブズマン連絡会議などは「90%以上は談合の疑いがあり、95%はその疑いが極めて強い」と指摘している。

(2011-10-16 朝日新聞 朝刊 茨城 1地方)
http://kotobank.jp/word/%E8%90%BD%E6%9C%AD%E7%8E%87-885812


※4
所沢市工事請負業者等指名委員会規程
http://www1.g-reiki.net/tokorozawa/reiki_honbun/e309RG00000203.html#e000000048


※5
所沢市 官製談合 疑惑
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88%3A%E6%89%80%E6%B2%A2%E5%B8%82




blog: 官製談合? 所沢市 総合福祉センター建設工事 落札率99.9%
http://blog.livedoor.jp/tokorozawalivedor/
 

お久しぶりです。

 投稿者:こんメール  投稿日:2009年 1月12日(月)14時42分49秒
  お久しぶりです。2004年度卒のこんです。
以前OBバンドの企画をやっておりました。

当時の主要メンバーが大学を卒業する年になり、活動場所を求める声がふたたび上がり始めました。

この掲示板が復活するかもしれません!!!

読んでいらっしゃる方いないかとは思いますが…。。。


ご期待ください♪
 

日にち、時間帯アンケート

 投稿者:こんメール  投稿日:2006年11月27日(月)23時25分54秒
  こんばんは。

先日中止となってしまった第一回練習を、もう一度計画したいと思っています。

年明け(1~3月)になる予定です。


そこで、時間帯のアンケートをとって、少しでも多くの方に参加していただけるようにしたいと考えています。


「平日 夜」
「土曜午前」「午後」「夜」
「日曜午前」「午後」「夜」
以上のうちなら、どの時間帯が参加しやすいでしょうか?

(学生の方などは、何月何日から何日までは春休みだから、バイトがはいらなければ何時でも行ける…という場合もあるでしょう。)


どの形でもかまいませんので、参加の意思を少しでもお持ちの方、参加はできないけれどアドバイスをいただける方は、練習の日付、時間帯の希望や意見をください!!!!


この掲示板に書き込みあるいは私近藤までメールをいただけると幸いです。(投稿者の青い名前をクリックしてください)


【例】

私の場合、大学が2月中旬から三月いっぱい春休みで、土日はアルバイトが入る可能性が高いため、平日のほうが比較的時間の都合がつけやすいです。
ですが、早めに(1ヶ月前くらい)日程が決まれば、休日でも参加できます。
1月はテストのため参加はむずかしいです。


その他でも何でもかまいません。意見をください。
 

こんばんは

 投稿者:こん  投稿日:2006年11月14日(火)23時11分53秒
  今川様、書き込みありがとうございます。04年度卒の近藤です。


今回の中止は残念でしたが、何度もチャレンジしていけば、かならずすこしづつ発展があると思っております。それまでの負担の覚悟もできています。

形になるのを待つというのも、とてもよくわかります。私が中心以外のところにいても、同じように待つかも知れません。
ならばやはり、形になるまでは、めげずに何度もOBの方々に、バンドを宣伝していくつもりです。


私も、各パート(低音から高音まで)がバランスよく集まることができたら、フルバンドでなくアンサンブル形式でも、OBバンドとみなして良いという考えです。

また、これは一時期のことなので、市高吹部全体のカラーではありませんが、私の周りの吹部OBには、ジャズなど、クラシック以外の音楽も楽しんでいる友人が多く居ます。
(年代を問わずとも、定演の、第二部に思いいれの深いOBは多いのではないでしょうか。)
世の中にはジャズバンドを持つ吹奏楽部も多く存在しますし、「市高OBでビッグバンドやりたい」という声も何度か聞いています。

どんな形であれ、私は、市高の3年間を共に過ごした友人や、吹部の伝統を守り通した先輩がたと、音楽を通じて同じ時間をすごすということだけでも、OBバンドの存在意義になると思います。
参加者の同意があれば、毎週練習する活発なバンドでも、1、2ヶ月に一度集まって楽しく演奏するOB会でも、かまいません。

うまいお返事になっていませんが、今回第一回練習の計画を立て、皆様にお知らせをし、場所の手配をし…の作業の中だけでも、数多くのOBが働き、協力し、応援してくださいました。それがまず今回の成果です。
それだけでも、今回は成功といってもいいのではと感じます。少なくとも、失敗ではありませんでした。


これからも、どうかご協力ご声援お願いいたします。
 

はじめまして

 投稿者:今川  投稿日:2006年11月13日(月)15時20分29秒
  97年度卒業の今川と申します。一般バンドでObを吹いています。

第一回の集まりが中止とのこと、残念に思います。
人数が少ないのは最初は仕方のないことですから。
まずは、木管・金管それぞれの高音~中低音を1人ずつ確実に集めることから始めては如何でしょうか?
市高サウンドとは何か、ということにも関係しますが
個人的には素直な人柄があらわれた音色というイメージがあります。
個々の楽器の持つ音をぶつからせるよりは、全体がよく溶け合っているような。
そして素直なせいか、一人ひとりは歌いこんだり主張するのはあまり得意でなく、周りを見回してから腰をあげるような感じのイメージです。
あくまで私自身のことを棚に上げた上での勝手なイメージで、良し悪しの話でもありません。
勿論指導をした顧問や、学年によっても違うでしょうけれど。

他人事のような意見で恐縮ですが、多少形になるのを待っている人は多いと思います。
最初はどんなに小さい形でも、市高OBが集まりでやっぱりやりたいとなれば、輪を広げる努力は続けていけると思います。
楽器を吹く機会であれば、OBバンドにこだわらなくても一般バンドや大学サークル、オケ等たくさんあるのですから、他の形態に負けない意義を、参加する人たちで見つけ出さないと結成・存続は難しいでしょう。
バンド運営には少なからず負担が発生し、バンドの中心になる人の負担はどうしても大きくなります。
まずは集まった人たちが一緒に吹いてみた上で、OBバンドの意義を見いだして、努力を惜しまない覚悟ができるといいのではと思います。
 

中止のお知らせ

 投稿者:ゆっき~  投稿日:2006年11月 8日(水)21時25分55秒
  11月19日ですが、人数が全然集まらなかった為、残念ながら今回は中止にしました。
参加予定だった先輩方、ご連絡下さった先輩方、第一回目の様子を掲示板に載せて欲しいと楽しみにしていて下さった先輩方、ごめんなさい・・・
次回はぜひ集まりたいと思うので沢山の方が参加して下さればイイなと思っています。
では。。。
 

案内葉書

 投稿者:ゆっき~  投稿日:2006年11月 4日(土)23時12分42秒
  OBの皆様に第一回集まりの案内葉書を送らせていただきました!!もうお手元には届きましたでしょうか??
ギリギリの時期になってしまってごめんなさい。。
連絡お待ちしています☆
 

レンタル掲示板
/4