teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:4/178 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

シネマ・ミニ・ゴシップ 11月号

 投稿者:CRAZYBACCUS編集部  投稿日:2005年11月12日(土)09時28分9秒
  通報
  傑作ウエスタン「ワイルドバンチ」(69年/サム・ペキンパー監督)のリメイクとなる作品
の監督に当初、脚本家として採用されていたデビッド・エアーズが決定。エアーズは「ワイル
ド・スピード」や「トレーニングデイ」の脚本で知られており、クリスチャン・ベール主演の
新作「Harsh Times」で監督デビューを飾っている。なおスタジオはワーナー・ブラザース、
プロデュースは「オーシャンズ11」のジェリー・ワイントローブが担当する-

「バッファロー'66」「ブラウン・バニー」の監督としても知られる個性派俳優ビンセント・
ギャロが、自らの精子を販売。ギャロのオフィシャルグッズを扱うオフィシャルサイトでは、
人工授精用にギャロの精子を100万ドル(約1億2000万円)と設定し、50万ドル追加
で自然受精、つまりセックスもOKだという。また購入者の写真をギャロが気に入れば、ディ
スカウントも可能の他、ブロンドや青い瞳、ドイツ軍人直系、ユダヤ人は5万ドル割引される。
ちなみに商品説明ではアートからスポーツまで多岐にわたるギャロの多才ぶりや、健康状態や
外見、性器のサイズまで解説しており、“遺伝子”の性能の高さをアピールしている-

マイケル・マン監督の最新映画「マイアミ・バイス」にトラブルが続発。当初、3カ月を予定
していた撮影は、度重なるハリケーン被害により3倍に膨れあがった他、ソニー・クロケット
刑事役のコリン・ファレルが何十回とテイクを撮るマイケル・マン監督のスタイルに反発、さ
らにファレルは、連夜の夜遊びがたたって体重が急増したといわれている。
このため1億2000万ドル(約144億円)の予算が2億ドル(約240億円)の大台に到
達する模様-

スーパーモデル、ケイト・モスがコカイン中毒のハビリのために入所していたアリゾナ州の薬
物更正センターから退院、イタリアのデザイナー、ロベルト・カバリのフォト・セッションで
モデル復帰を果たした。薬物使用が発覚した後には、H&M、バーバリー、シャネルといった
大口の契約が打ち切られ、モデルとしてのキャリアも不安視されていたが、めでたく復帰。
カバリは「ケイトは絶対的に素晴らしい。人々はこの写真に心奪われることだろう」と賞賛し
ている-

人気俳優オーランド・ブルームが、新作「エリザベスタウン」で共演したキルスティン・ダン
ストと浮気をしているとの報道に対し、きっぱりと否定。「浮気をして、それがばれたときは
素直に認めるよ」と語り、「こういう噂は、いい仕事をしている証拠でもあるし、俳優という
仕事に対する『税金』のようなものだと思う」とコメントした。二人の姿は私生活でも何回か
目撃されているが、ブルームは女優のケイト・ボスワースと交際中といわれている-

http://www.geocities.jp/crazybacchus2000/index.htm

 
 
》記事一覧表示

新着順:4/178 《前のページ | 次のページ》
/178